上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校ではインフルエンザがいきなり流行り出しました。皆さんは大丈夫でしょうか。個人差にもよりますけど40℃近く熱がでることもあるそう。手洗いうがい、これに限る。
私は39℃以上の熱を出したことが無いので、40℃なんて未知の世界です。。。

というわけで、久しぶり・・・と言ってもこれで2回目の企画ですが、今週から"製作日記"になると思います。
別に長期休暇というわけでもないんですが、作りたいときに作ったほうがモチベーションが上がりますんでね、まぁこんな時期に。テストまでまだ時間があるので時間はあるので大丈夫でしょう。
で、今回は作るものは・・・マチェット。

( ^ω^)<聞いたことがないお。 という方もいる筈なので、簡潔に説明します。

Wikipediaからとって来ました。

全く関係ないですけど、この画像サイズは見やすいですね・・・

で、上記の写真がマチェット。一般的な用途としては、ジャングルで草木を薙ぎ払う為に作られた刃物です。
一方、戦場でもマチェットの姿を見ることもあります。ナイフよりリーチがあり、重量も丁度よいなどの理由だとか。
マチェットは重心が半分より刃先より、つまり先っぽに重量がかかるということです。そんなわけで、刀などの「斬る」という表現ではなく「叩き切る」といったほうがイメージに沿うかな?

と、説明はこんな感じ。一言で言えば、叩き切る片手剣といったところでしょうか。

まぁ今回はこれを作っていこうかと思うんですが、ぶっちゃけ上のは気に入らなかったので、別の種類を作ることに。

この色合いは結構好みです。

マチェットというのは刀の柄のような部分はついてないですけど、何故か付いてる。だがそれがいい。
色が黒と銀色なので、前回と同じ塗料を使えることも理由の1つとしてあります。いかに、お金をかけずに作るかがモットーなのです。

で、今回の制作手順。

1.設計、木材の調達
2.木材のクリーニング
3. 〃 に下書き
4. 〃 の切断
5.切断後の修正(刃の部分の作成)
6.塗装


前回と似たような感じですね。おおまかな点では似てますが、細かい所はぜんぜん違います。その件は後ほど。

では、早速。あ、ちなみに、ここまでは前フリですよ。本文ではない。

・・・

1.設計、木材の調達
これは、一瞬のうちに終わりました。今回も落ちていた木材を拾って作ってます。いや、燃やすはずだった木材を拾ったといったほうが具体性があっていいですね。
今回はマチェットということなので、ナイフの3倍ぐらい大きい。=木材を持って帰るのが大変。。。
電車におおきな木材をもっている人がいると捕まりかねないので、コソコソと隠して帰りました。実はちょっと見えてましたが、まぁ気にしない。

数日後、木材に釘が刺さっていたのでこれではいけないと思い、釘を抜くことに。ハンマーの背中に釘抜きが付いている奴が偶にありますよね。あれを使用。

まぁ、無事に全て抜けましたよ・・・ですが、

流石DAISO商品。もともと古かったですし仕方ないか。


なぜ曲がったし。。。


ハンマーが釘に負けるってどうよ。。。多分釘は耐久力5倍!とか言っているやつかな。先がネジみたいになっていてとにかく抜けなかった。その結果がこれだよ!!
え?サビが付いてる? 大丈夫だ問題ない。これっぽっちじゃ捨てないぞ。
折れ曲がった時はびっくりした。逆に木のほうがへこんだのかと思った。

釘を抜いていたらいつの間にか暗くなってた。くぎゅうう

やっと主役登場。これが例の木材です。何だか色が分かれてますが、塗装するので全く問題ない。塗装しないなら模様としても悪くないと思いますけどね。だが、今回も塗装します。
ところどころ、側面に穴が開いています。これが例の釘。全部で12本でした。捨てるのがめんどくさいので、安らかに土の中へ眠ってもらいました。鉄の処分はめんどくさいんですよ。

まぁ、そんなこんなでも抜き終わって、木材に下書き。

設計図を見つつ、木材の大きさを計算。最終的に大きさを決め、下書き。
変態の大研究・・・どんな会社だよww

鉛筆で書いたんですが、わりと見えますね。手前の方は木材の模様で見難いですが・・・
今回は繊維の方向というのを完全無視しました。なぜなら、木材が非常に引き締まっているので、あまり問題ないかと判断致しました。関節を多く作ると、どうしても脆(もろ)くなってしまうんです。なんせ、今回は大型なので、これでも折れないか心配してます。

部屋の中で作業しないと寒くて仕方ない。エアコン?そんなものはない。ハロゲンヒーターとか言う電熱線が熱を出すやつです。わかるかな?まぁわりとどうでもいい。

まぁこんな感じでその日は終了。

<翌日>

学校帰宅後、早速作業開始。寒いので5枚も厚着してました。ソトサムイヨー
下書きにそって、切っていきます。ノコギリが古いのかな~?切れ味が悪いです。
現在使用しているノコギリはなぜか先端が曲がっているのです。つまり、切っているとどうしても曲ってしまうの。その修正をするのがめんどくさい。と言うより大変。
要するに、新しいノコギリほしいです。だが、いかにお金をかけずに製s(ry

家に糸ノコがあったんですが、古くて全く使いものにならなかった。折りたたみ式のノコギリで何とか頑張ってます。

で、その結果。

古びたノコギリではこれが限界。

ほんとこれ以上無理です。グリップの部分のひどさは異常。電動糸のこぎりがあったら楽なんでしょうけどね。そんなお金はない。
刃の部分は先端に重心が来るように調整。これがまた大変だった。木材を切るのってむちゃくちゃしんどいですからね。。。舐めてもらっちゃ困る。肩に乳酸が溜まりそうです。

またまた話が脱線しますが、最近の研究結果で疲労の原因となる乳酸という説は間違っているそうですね。逆に回復するのだとか?どうやらカリウムイオンとか言う奴が原因らしい。
乳酸の分子式はC363。ブドウ糖の分子式はC6126。 ( ^ω^)おっ?

あんまり良くわからないのでコメントは控えます。理科は得意でも予習はしていないのです。ただ、気になっただけ。
ブドウ糖とか乳酸とか正式名称は違うので詳しく知りたい方は自分で調べてくださいね。私には理解不能のようだ。

おっと、話を戻しましょうか。
ここから、もう少し、ノコギリで修正をして、そのあと彫刻刀で細部を掘っていきます。いや、削っていきます。カッターのほうがいいかな?

今回はここまで。写真が多いねー。PCが重い方ゴメンナサイ。悪気はないんだ。

続きでお返事・・・じゃなくて、雑談です。

続きを読む

スポンサーサイト
 プロフィール

ふぇひ

Author:ふぇひ
平凡な日常を中心とした記事を書いています。のんびりしている管理人ですが、よろしくお願いします。

 最新記事
 アクセスカウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 OZ 時計
 最新コメント
 リンク
 ブログランキング
人気ブログランキングへ
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 ブロとも一覧

中二アニオタの日常・趣味全開バージョン

何事も中途半端

玄武の巣

ほのぼのタヌキの部屋

太鼓小屋
 おみくじ
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。